買い占めに思うこと  3月17日

 3月11日に発生した、観測史上4番目の規模の「東北地方太平洋沖大地震」。
 死者は1万人を大きく上回ると予想され、40万人を超える人々が避難所で不自由な生活を強いられています。
 このところ盛んに聞こえる話は、被災地以外の人々の食料や生活物資、ガソリンなどの買い占め。
 でもちょっと考えてみて下さい。普段の生活の中で、どれだけ賞味期限切れの食品や食べ残しなどで、ゴミとして出しているか・・・・。
 今その食品や物品を必要以上に多く買わなければ、本当に自分の生活と生命に重大な危機が訪れるのか・・・・。

 誰でも分かることですが、大地震の被害や原子力発電所の事故などは、日本で暮らしている限り、誰にでも降りかかる可能性があることです。

 自分が被災者になったときに、それらの買い占め行動についてどう思うか。

 「情けは人のためならず」です。



|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|

2018.10.4
2018.8.10
2018.3.15
2018.3.7
2018.1.29
2017.8.17
2017.8.9
2017.3.7
2017.2.13
2016.9.6
2016.8.23
2016.8.2
2016.3.9
2016.2.24
2016.2.9
2015.11.27
2015.8.30
2015.8.26
2015.7.29
2015.5.25
2015.3.20
2015.3.9
2015.2.24
2014.8.27
2014.8.26
2014.8.19
2014.8.7
2014.3.13
2014.3.10
2014.3.7
2014.3.5